タグ:Work ( 13 ) タグの人気記事
Flow
昔といっても、少し前、多分半年から1年ほど前まで、私はネガティブな状況にはまってしまったり、(あまり嬉しくないような)おもいがけないようなことが起こったりすると、それに逆らうように、逆行して生きてきた気がします。

それが決して悪いというわけではなく、そのさなかにいる時はそのことしか見えず、どれだけ必死でもがいても、どれだけがんばっても、結局はもがけばもがくほど、どんどんと引きずりこまれるような感覚がしていました。少しでも状況を良くしようとして、いろんな流れに逆らって生きていたような気がします。それは悪いことではないのですが、とても疲れるようです。自分の意志が根本にあり、それが揺らぐのでないならば、流れに逆らわず、その流れに乗ってみるというのは、なんて肩の力が抜ける、すばらしい生き方なのだろうとこのごろ思えるようになりました。

何事も流されてばかりではいけないけれど、そうやって肩肘はって生きてきたときには見えなかった、その流れに乗って、漂っている間に見える、今まで見えなかったことの、なんて輝かしいこと!なんか目の前が曇って見えていなかったものが、霧がパッと晴れて、すがすがしい空気を吸って、なんだか細胞が生き返るような気分。

どうしてこんなふうに思ったかといえば、実は仕事のことが大きな理由でした。このところ仕事のことで心を悩ませていたこと、実は理由は解雇通知でした。それは8月の半ば。NPOである私の組織は、州や市からのFundで成り立っています。このたび州から、我々のサービスへのFundが一切カットされ、なぜか私が私が解雇の対象になりました。話せば長く、そして複雑なのですが、とにかく労働組合の契約からしても、私が解雇の(一番初めに)対象になるのは、どう解釈しても、不当であるとしか思えませんでした。私なりに人事、直属のボス、そして労働組合に掛け合い、なんとか表向きの理由(Fund不足)だけではなくて裏に隠された何か別の理由(たとえばビザ?)を探し出そうとしました。泣き寝入りだけはしたくなかったし、その隠された理由というのも、「この子は静かでおとなしいから、Probably she will quietly leave」と思われたのかもしれないと思ったのも、とても気に障ったのです。

結局その1週間後、私がしつこく追求したせいなのか、Managementの間違いなのか、はたまた計算違いだったのか、定かな理由はわかりませんが、私の解雇通知は免除され、無事仕事は確保されました。・・・されたように見えたのですが、またその1週間後、解雇通知を受け取りました。理由は簡単、やはり、計算違いだったと思われたFundは、計算違いではなく、本当にどこからもFundが入ってくる余地はないので、これ以上私を職場には置けないというものでした。このDecisionも再び「もしかして」免除されるかもしれないそうです・・・。

最初の解雇通知から1週間も、そのあとの1週間ぬか喜びしたのも、そして今、解雇されるおびえているこの期間も、心と身体へのダメージは大きく、食欲はなくなるし、本当にこのままどうしよう・・・とメンタルな面でもフィジカルな面でも、相当に感情を振り回されました。というのも、永住権を持っている人が解雇されたのならば、Unemployment benefitを受けることができるので、当面の経済状況は確保されます。私の場合、永住権はなく労働ビザで働いているTemporary residentなので、解雇されたところで、Unemployment benefitを受ける権利もなく(税金を払っているのにです)、ましてや私の保持するビザは、労働をすることが目的のビザのため、いくらビザの期限がまだ切れなくても、仕事を失ったその日から、私のステータスはIllegalになり、猶予期間もなく、日本へ強制送還されるのです。もちろん仕事を失う日までに、別の仕事が見つかれば、Legalなのですが、それはとても難しいことですよね・・・。

どうしていいかわからず最初は泣いてばかりいましたが、泣いていたって誰も助けてくれるわけじゃない・・・と思って、自主的に動いてみたものの、また解雇に逆戻りです。もう私にできるのは、本当にこれまでだ・・・と思った時、そして、「もう十分やったじゃない、えらいえらい」と自分を認めてあげられた時、初めてこのまま流れに乗ってみるのも、もう1つの私のできることなのだと思えました。

彼から電話があった時、一連のことを話したのですが、「今まできっと僕がインドネシアにいる間も、つらい思いをたくさんしたんだろうし、何も力になれなかったけれど、これからはもう心配しなくても大丈夫、一緒に住むのだから」といってくれたときも、このまま流れに乗ってみようと思えた理由かもしれません。

今まで、アメリカに来て自分のキャリアを優先してきたし、これからもずっと働いていきたいと思うのですが、このような状況になって初めて、今までのように戦い続けることと同時に、物事が起こるにはすべて理由があり、そのようなときに差し出される救いの手や流れには乗ってみるものだと、なんだか妙に心から納得したこの一連の出来事でした。

こんなふうに思えることも、成長した証拠なのでしょうか?これからどうなっていくのかさっぱりわかりません。Everything happend for a reasonって、私はどこかでも書いた気がしますが、今、そういう心でこの状況を乗り切ることと、彼が帰ってくるこのタイミングに感謝し、少しずつ、自分のするべきことが見えてきた気がします。
[PR]
by forestlily | 2009-09-12 19:12 | Thoughts/Life
Unreasonable Judgement
ここ数日、久しぶりに仕事についてちょっと考えていました。仕事についてというよりも、ボスの管理能力についてといったほうが正確かもしれません。

先週、直属のボスに呼ばれ話しをしたのですが、それがまったく納得がいかなかったのです。なんだか意表をつかれて話し合いに持っていかれた上、私の意見を変えようとするような、また、いいくるめるような言い方に、そして責めるような口調に、唖然としました。私はその場で言いたいことの半分以上も言えず、帰ってきてからも週末もずっとそのことを考えていました。

ボスは最近結婚して、今までの独身生活とはまったく違う生活を送っているのですが、彼女がハッピーなのはそれはそれで、私も祝福しているし、うれしいことです。でも、彼女の場合、言っていることとやっていることの差がありすぎ、下のスタッフたちがまったく「よい見本」Role Modelとして彼女を見ていないのです。というのも、私たちの職場は、認知症のクライアントをケアしているユニットなのです。だから片時も目を離せないし、電話だってコンピューターでの仕事だって、書類の整理だって、クライアントがいる間はできないのです。しかし、彼女はこれらのことをスタッフには要求するくせに、だんな様を職場に連れてきて、最近買った家の改築のことをオフィスで話していたり(ほぼ毎日)、私たちに要求することと裏腹の行動ばかりが目に付くのです。

クライアントがいる朝から午後3時までは、とにかくFloorにいなくてはならず、自分の仕事ができません。そのうえ近頃の大幅予算カットにより、他のスタッフの時間数が減らされ、彼女たちの仕事まで私に回ってきています。サボっているわけでも、怠けようとしているわけでもないのに、私の仕事がどんどん溜まっていき、最後には家に持ち帰ってPaperworkをしなくてはならないのです。でも私は仕事には責任を持ちたいし、時間内でできなければ残業代がでなくても、責任をもって仕上げようと思っています。でも時間の使い方が悪いとか、職務時間内にできるはずだ、といわれても説得力がないのです。というわけで、そのようなことを言われたことに、まったく納得がいきませんでした。

彼女を見ているから、新しく入ったスタッフをトレーニングしても、「だってあのボスも同じことしているじゃない?(たとえば、クライアントの目の前で携帯電話で話したり)どうして私はだめなの?」といわれてしまいます。携帯電話は一例ですが、ただでさえConfusedしているクライアントを、携帯電話で会話をしているのを聞かせるのは、まったくをもって論外です。確かにボスがそうしているのを私も見ているから、そういわれると、新しいスタッフたちには何もいえなくなりました。でもそれだって、私の管理能力がなっていないから(!)だといわれました。私だって、インドネシアの彼からの電話を何度取りたくても取れなかったことか・・・。時差があるから彼だって一生懸命努力してくれているのもわかるけれど、規則なので・・・ということで泣く泣く電話にも出れない私に対して、そこまで言うのはどういうことなのだろう?と思います。会社の人には彼の存在は明らかにしていないので、仕方ないことですが・・・。

有給休暇の取り方だって、腑に落ちない理由で却下されたり、私の予算の使い方が悪いとか、スタッフの教育がなっていないとか、言われるその理由が全うではないのです。ただいじめたいだけなのかな?とも思いますが、あまりに腑に落ちないので、自分がきちんと整理をしてから再度ボスと向かい合おうと思っています。しばし時間がかかりそうですが・・・。

普段ミーティングにばかり出かけていて(それも、半分以上はプライベートなことですよ・・・私たちにはそんなことさせないくせに・・・)私たちの努力を見てもいないのに、極めつけの一言は、「あなたたち誰一人として、プログラムをよくしようと思って働いていない。誰一人としてハードワーカーとは思えない。あなたのリーダーシップ能力に問題もありそうだし」といわれました。私とスタッフたちは仲がよいので、時々いざこざが起きることはありますが、ほぼ平和を保っています。この言葉を聞いたとき、「ああこの人はわかっていない。見えていないことが多すぎる。憶測ばかりで物を言う人なのだ」と悲しくなりました。でも、人を変えることができないのは十分わかっています。どういう根拠があっていっているのか、きちんと問いただそうと思っています。

彼女が結婚式の準備で3ヶ月ほど職場で花の手配やら、レセプションやら、招待状やらで忙しかったときも、新婚旅行で1ヶ月いなかったときも、新しい家を購入してリフォーム業者ともめているときも、彼女が本来ならやるべき管理を私はすべてやってきたつもりだし、本来ならば彼女から指示があるべきことも、一人で決断してやってきました。彼女がいない間につぶれずにプログラムとクライアントを守り、愛してきたのは私たち一人ひとりなのに。そのひとつひとつのプロセスを見ないでいることに、とても心が痛みました。

時間はかかりそうですが、きちんと整理をして向かい合いたいと思います。
[PR]
by forestlily | 2009-07-06 19:14 | Work
Happy Marriage!
b0155270_10291241.jpg土曜日は、ボスの結婚式に出席していました。あいにくの雨模様のスタートでしたが、レセプションが始まるころにはすっきりと晴れてくれました。教会での厳かな式のあと、レセプションではみんな踊りまくりの楽しくアットホームな結婚式でした。私は、ボスがお父さんと歩いてくるときに、すでに涙が出てきそうになってしまいました。まだまだ始まったばかりなのに。とってもかわいらしいチャーミングなウェディングドレス姿でした♪ 結婚式って、出席した側も幸せな気持ちになれますよね。

どうかいつまでも末永くお幸せに♪
[PR]
by forestlily | 2009-05-02 10:25 | Outing
Happy Easter
b0155270_656120.jpgEasterの日曜日も、サンフランシスコはきれいに晴れ渡って、気持ちよい一日になりました。近くの教会では、朝からお昼にかけてミサとイベントがあったらしく、たくさんの人が正装をして参加していました。すぐ目の前にある公園では、子供たちのためにEggハントがあったようで、かごにカラフルな卵(お菓子かもしれないし、プラスチックの卵かもしれないですが)を抱えて、うれしそうな顔。

この巨大なEaster Basketは、クライアントと一緒に色塗りをして仕上げました。私の両腕を横に広げたくらいの大きさなので、かなり大きいんです。かごを塗って、切り抜いて、紙の卵も色とりどりに装飾をして、かごの中に納めました。金曜日には、みんなでEaster Egg Coloringをしました。きちんと見ていないと、ゆで卵を割って、色をつける前に食べちゃう(笑)ので、目が離せませんでしたが楽しくできたようです。このBulletin Boardは月曜日に出勤したら取り外すのですが、また新たなプロジェクトが待っています。季節やホリデー、時期ごとのイベントを考えながらプランニングしていきます。次は何を作るのだったっけ?
[PR]
by forestlily | 2009-04-12 16:54 | Work
Bridal Shower
今日はボスのブライダルシャワーがありました。サンフランシスコの野球場の近くにある、海の近くの(天気がよければ)眺めの素敵なレストランにて。土曜日の今日は、残念ながら雨がちらりと降って、曇り空の肌寒い日だったので、景色は楽しめませんでしたが、雰囲気のいいレストランでした。

彼女は5月に結婚式を挙げることになっています。ブライダルシャワーって、いいですよね。ほんわかとして、楽しくて、幸せのオーラがたくさん出ていて。参加している側の私も、幸せな気分になれました。お食事メニューは、スープ、ローズマリーとガーリックのチキン、焼きたてのパン、サラダ、そしてデザートは、特大ケーキ!食事のあとはプレゼントを開けたり、ゲームを3種類も楽しんだり。

出会って3ヶ月で彼からのプロポーズを受けた彼女。彼に出会うまでは結婚をする自分が想像できなかったそうです。今の朗らかな幸せ顔を見るのは、一緒に働くものとしても、見ていて気持ちがよくて、まさに幸せを分けてもらっている感じ。5月の結婚式も楽しみです。
[PR]
by forestlily | 2009-03-21 22:50 | Work
St. Patrick's Day Kirigami Art
b0155270_11544812.jpg今日はSt. Patrick's Day。先日、すでにIrish Soda Breadを焼いたことで満足してしまったので、今日はこれといって何もそれらしき料理もせずに、一応緑色の服を着て出かけました。でも、よく考えたら、緑って私のワードローブにはあまりないのです。色としては好きな色なのですが、服となると、あまり持っていないことに今日気がつきました。

先月から今月の初めにかけて、クライアントと一緒に創作した切り紙アート。St. Patrick's DayにちなんでShamrockを。もちろん緑。

白い紙に大きなShamrockを書き、その形に切り抜いておきます。様々な緑のグラデーションの紙を、大きめに手でちぎります。ひとつめの作業として、液体状ののりを絵ブラシにつけて、ちぎった紙をShamrockのうえに貼っていくという作業を繰り返しました。緑色の紙は手でちぎっているので、当然少しずつ貼っていくうちに、白く余った場所もでてきます。そこを今度は、ふたつめの作業として、緑色の絵の具で埋めていくという作業に切り替えました。そうすることによって、「どのように緑の紙を張っていったら白い部分を減らすことができるか」と考えることになります。また、「貼る作業によってできた白い部分を、緑色の絵の具を使って塗り埋める」という動作も、彼らの手と脳の運動、そして考える動機につながっていくことになります。

今回もとても上手にできました。
[PR]
by forestlily | 2009-03-17 19:54 | Work
Double Peony Tulip
b0155270_11191925.jpg先日、クライアントをお迎えにきたファミリーにもらった一輪のDouble Peony Tulip。私初めて見たのですが、とてもかわいらしいチューリップです。娘さんがフローリストなので、お店からプレゼントしてくれいました。そういえば、このクライアントのおばあちゃんも、花やお庭にとても詳しいので、遺伝なのだなぁ・・・と改めて感動しました。

というわけで、大切に持ち帰ってきたチューリップ。帰宅途中のバスの中で、ぎゅぅ・・・と隣近所の人に押しつぶされて、茎が折れてしまいました(涙)。でも、チューリップだけはなんとか守り通しました。

チューリップを見ると、春がやってきたという実感がわきますよね。このDouble Peony Tulip、何がダブルなのだろうと聞いてみたら、普通のチューリップは花びらが一重ですが、ダブルのものは、花びらが幾重にも重なっているのでそう呼ばれているそうです。かわいらしい黄色とオレンジの混ざったような色と、外側の薄いグリーン、そしてところ狭しとぎゅうぎゅうに重なっている花びらがとても愛らしいチューリップ。春らしい淡い色合いがとても気に入りました。今度お花屋さんで見てみようと思いました。
[PR]
by forestlily | 2009-03-14 19:14 | Thoughts/Life
Creative Collage
b0155270_2158232.jpg数週間前から少しずつ、少人数のLower Functioningのクライアントと一緒に作ったコラージュ。体を動かすゲームやエクササイズなどは、Higher Functioning GroupとLower Functioning Groupを混ぜてみんなで運動(といってもごくごくシンプルで無理のない体操や簡単なゲームですが)ができるように、プランニングします。アートやお菓子作り、詩を作ったりワードゲームをしたりという、少し高度なアクティビティーで、Lower Functioning Groupが戸惑うような内容のときは、二つのグループを分けて同時進行するようにしています。そうすることによって、二つのグループがアクティビティーやスタッフとのふれあいを通して、Meaningfulで、より高いAchievementや何かを感じてくれるような気がするからです。学術的にもそれは立証されているのですが、実際の現場ではなかなか理想的なプランニングは難しいです。日々変わる彼らの体調やムード、Behavioral Problemなど、頭の中だけでプランニングしていることを、そのまま形にできないのが、毎日の現状です。

前置きが長くなってしまいましたが、こちらはそんなLower Functioningのクライアントたちが作ったコラージュ作品。要らない雑誌を持ち寄って、各自テーマを決めてあげます。自分で決められるクライアントもいますが、このグループは常になんらかのEncouragementやSupportが必要なので、パニックに陥らせないためにも、テーマを決めてあげるとスムーズにいくようです。はさみを使うこともありますが、基本的にはちぎり絵のように、切り抜いて貼るほうが、踏まなければいけないステップが多くなるので、彼らの刺激にもなります。テーマごとに、各自の性格が作品に表れていて、興味深いものになりました。

上から時計回りに。"My Lunch (Pasta, Salad, Dessert, Soup, etc)" "My Birthday Party (Big Chocolate Chip Cookie, Pasta Dish, Cupcake, etc)" "Gardening (Big Flower) "My Garden (Grape trees, etc)" "My Favorite Sweets (Various Cakes, Scones, etc)" "My Dresses" "All I Want (Various Food, etc)" "Sports"
[PR]
by forestlily | 2009-02-05 22:56 | Work
New Year's Resolutions
今日はセンターにて、クライアントと一緒に新年の抱負を書き出してみました。あまり細かいことはできないので、ディスカッション形式にして、みんなで輪になって座って、ホワイトボードに書き出しました。
"Read more books"
"Be a kind person"
"Watch less TV"
"Excercise more"
と、このあたりは誰もが一度は掲げてみる新年の抱負ですが、
"Party more"
"Eat more chocolate cake"
"Take a vacation to Mexico"
"Eat more ice cream"
"Get married again"
"Find a rich and nice husband"
もう、このあたりまでくると、抱負というより、願望(笑)。おじいちゃんよりおばあちゃんのほうが積極的。大笑いしながら、みんなで楽しく抱負を設定して、前日に用意した紙にスタッフが一人ひとりの抱負(兼、願望)をリストアップ。

初笑いはすでにしたけれど、今日は本当におなかがちぎれるかもしれないというくらい、笑いました。一人ひとりができる範囲で、参加できた成功したアクティビティーになりました。Achievementを感じさせてあげられるのは、本当に小さくてささいなアイデアからなのだと、実感しました。

アルツハイマーの中期をすでに越えて、後期に入っているおばちゃんにも聞いてみました。通常の質問には、趣旨とずれた回答しか返ってこないのですが、今日は驚くほどに鮮明で、そして心に残る言葉をくれました。新年の抱負はある?の質問の答え。"Find small happiness everyday and keep being positive"。普通の会話が成り立たないのに、これほど明確に素敵な答えをくれました。思わず心がきゅっと痛み、涙が出そうになりました。そして抱きしめると、おばあちゃんは「どうして泣いてるの?何か悲しいことがあったの?涙は悲しいときにだけ流すものなのよ」と。それを聞いて、こういう瞬間を忘れないでいたいと思いました。なんだか心が洗われるような、すがすがしい瞬間でした。こういう瞬間があるから、与えているだけでなく、私たちも与えられているのだと思えます。毎日が新しい発見の連続です。
[PR]
by forestlily | 2009-01-06 19:45 | Work
Holiday Party
b0155270_1146428.jpg木曜日に、クライアントのご家族を招いてセンターでホリデーパーティーがありました。先週の金曜日は一つ目のパーティーをこなし、この日は二つ目のパーティーでした。

ランチを少し早めに終えて、ミュージシャンが楽しいクリスマスの音楽を奏でてくれている間に、せっせとテーブルセッティングとケーキや飲み物などの用意。それからクライアントのおばあちゃんおじいちゃんと一緒に、歌ってダンスをして、楽しい時間をすごしました。年に一度のご家族を招待するイベント。参加してくれたご家族と楽しそうに踊ったり、歌ったりするクライアントを見ていると、ほんわかと心が温かくなっていきます。普段見られない親子のツーショットや、いつもはシャイなおばあちゃんが、娘さんに誘われて腰をふりふり踊る姿に、涙もろい私は、うるうるときてしまいます。

クリスマスを目の前に、やっとやっと完成した今年のHoliday Bulletin Boardは、Advent Calendarからヒントを得て、一人ひとりのおうちに色を塗ってデコレーションをして、窓からはそれぞれの写真が見えるように。スケートリンクの池の周りにおうちを配置して、奥のほうにはサンタクロース。クリスマス用のライトをおうちを縁取るように取り付けて、できあがり。みんな一生懸命がんばってくれました。毎日、自分の顔を窓の奥から見つけることで、「自分がここに属していること」を認識して、笑顔になってくれるのが、とてもうれしいのです。
[PR]
by forestlily | 2008-12-19 21:44 | Work