タグ:Party ( 10 ) タグの人気記事
Dinner Invitation
b0155270_7183876.jpgIndependence Dayだった昨日、友人を招いて一緒に食事をしました。午前中にファーマーズマーケットに行って、野菜を仕入れてきました。本日のメニューは、リクエストされていたコロッケ、トマトときゅうり、アボカドとレタスのサラダ、サーモンの手まり寿司と、お味噌汁。デザートにはチョコレートケーキを焼きましたが、おなかいっぱいになってしまって結局食べられず、お土産になりました。

この日マーケットで買ってきたBariani Olive Oil のBalsamic Vinegarがすっごくおいしくてびっくり!それだけでサラダのドレッシングになるので、これから活躍しそうです。大きなボトルだととても高くて手が出なかったのですが、お試しボトルで小さいもの(60ml)があったので、それを買って帰りました。イタリアからサクラメントに移住してきた家族経営の小さな農場で、丁寧に丁寧に作られているというのもいいなぁと思いました。いつかOlive Oilも試してみたいなぁ。マーケットでは、パンと一緒に試食もさせてくれるのですが、オーナーの顔を見ながら説明を受けると納得がいくし、おいしい食べ方やこつを教えてくれるのも嬉しいですよね♪作り方も丁寧なのでしょうが、説明も丁寧で、来る人来る人にいやな顔ひとつせずに接してくれる物腰も、ステキだなぁと思います。

たくさんいろんな話をして笑って、ちょっと涙ぐんだりと、楽しいディナーになりました。一緒にご飯を食べる相手がいるって、いいですね。料理することも食べることも、とても大好きな私ですが、やっぱり一人で食べるよりも誰かと一緒にだべるほうがよりおいしい!と感じます。時々こうやって友人を招いてご飯を食べるのは、とてもいいですね♪
[PR]
by forestlily | 2009-07-05 16:14 | Friends
Happy Marriage!
b0155270_10291241.jpg土曜日は、ボスの結婚式に出席していました。あいにくの雨模様のスタートでしたが、レセプションが始まるころにはすっきりと晴れてくれました。教会での厳かな式のあと、レセプションではみんな踊りまくりの楽しくアットホームな結婚式でした。私は、ボスがお父さんと歩いてくるときに、すでに涙が出てきそうになってしまいました。まだまだ始まったばかりなのに。とってもかわいらしいチャーミングなウェディングドレス姿でした♪ 結婚式って、出席した側も幸せな気持ちになれますよね。

どうかいつまでも末永くお幸せに♪
[PR]
by forestlily | 2009-05-02 10:25 | Outing
Bridal Shower
今日はボスのブライダルシャワーがありました。サンフランシスコの野球場の近くにある、海の近くの(天気がよければ)眺めの素敵なレストランにて。土曜日の今日は、残念ながら雨がちらりと降って、曇り空の肌寒い日だったので、景色は楽しめませんでしたが、雰囲気のいいレストランでした。

彼女は5月に結婚式を挙げることになっています。ブライダルシャワーって、いいですよね。ほんわかとして、楽しくて、幸せのオーラがたくさん出ていて。参加している側の私も、幸せな気分になれました。お食事メニューは、スープ、ローズマリーとガーリックのチキン、焼きたてのパン、サラダ、そしてデザートは、特大ケーキ!食事のあとはプレゼントを開けたり、ゲームを3種類も楽しんだり。

出会って3ヶ月で彼からのプロポーズを受けた彼女。彼に出会うまでは結婚をする自分が想像できなかったそうです。今の朗らかな幸せ顔を見るのは、一緒に働くものとしても、見ていて気持ちがよくて、まさに幸せを分けてもらっている感じ。5月の結婚式も楽しみです。
[PR]
by forestlily | 2009-03-21 22:50 | Work
Happy Birthday
今日は私の誕生日でした。2月生まれって、なぜか昔から好きでした。夏よりも冬が好きなのは、やっぱり生まれた月にも関係するのかな?

今日はクライアントたちが何百回もHappy Birthdayの歌を歌ってくれました(誰の誕生日か、すぐに忘れてしまうので、笑)。
[PR]
by forestlily | 2009-02-25 20:01 | Thoughts/Life
Farewell Lunch
b0155270_6363992.jpg昨年の9月(もう昨年になるんですね)にEl Camino de Santiagoへの旅のために元気にスペインへと旅立った友人。11月半ばに無事に戻ってきたあとも何度か会って、旅の話やその後の予定なども聞いていましたが、スペインの500マイル徒歩の旅を終えて数ヵ月後の今年の5月末、今度はTanzaniaへ3年間のボランティアへ旅立つことになりました。

5月までは時間があるものの、そのボランティアの組織がLAにあるため、1月末にはサンフランシスコを離れてLAで4ヶ月間のトレーニング。その後、Tanzaniaに向けて出発するそうです。

いつも、彼女の献身的な姿勢に心を打たれます。生きる力が強い人。新しいことを恐れない勇気。そんな姿勢に魅力を感じます。彼女との会話やそのすべてが、とても刺激的です。前回のスペインの旅は宗教的な要素が大きかったもの、今回の3年間のボランティア活動は、本当に心から望んでのことだそうです。以前にもミクロネシアなどでも2年間のボランティアをしていたので、海外ボランティアは初めてではないのですが、何年間も、知らない国で過ごすこと、いくらご主人が一緒に行くといえど、怖気づいてしまうところだと思います。彼女もさすがに3年間の契約は思っていた以上に過酷になるだろうと予想はしているようです。

私もいつかはそんなボランティアがしてみたいとは思いますが、今はまだ時期が熟していないと思います。ご近所のボランティアで精一杯。まだまだ自分の日常の雑事に翻弄されて、心が鮮明に海外でボランティアができる状況ではないようです。まだまだ私はその域まで達していません。老後に入るかはいらないかのころ、そのころには自分の伴侶と呼べる人と、そういうボランティアがしてみたいと思います。

前置きが長くなりましたが、そんな彼女も2週間後にLAに向けて出発するため、ご主人と一緒に荷造りとアパートを引き払うための手続きで大忙し。そんな中、旅立つ前にFarewellランチをしました。ポットラック形式にして、みんなが持ち寄ってくれたたくさんのお料理。私は彼女が好きな肉じゃが(お肉なし)、ちらし寿司、チョコレートケーキを。今度は3年後にしか会えないのだから、とても愛おしい時間になりました。

寂しくなるけれど、3年後の彼女に会えるのを、今からとても楽しみにしています。でもその前に、LAに会いに行こうかなとも思っています。
[PR]
by forestlily | 2009-01-03 21:49 | Friends
Holiday Party
b0155270_1146428.jpg木曜日に、クライアントのご家族を招いてセンターでホリデーパーティーがありました。先週の金曜日は一つ目のパーティーをこなし、この日は二つ目のパーティーでした。

ランチを少し早めに終えて、ミュージシャンが楽しいクリスマスの音楽を奏でてくれている間に、せっせとテーブルセッティングとケーキや飲み物などの用意。それからクライアントのおばあちゃんおじいちゃんと一緒に、歌ってダンスをして、楽しい時間をすごしました。年に一度のご家族を招待するイベント。参加してくれたご家族と楽しそうに踊ったり、歌ったりするクライアントを見ていると、ほんわかと心が温かくなっていきます。普段見られない親子のツーショットや、いつもはシャイなおばあちゃんが、娘さんに誘われて腰をふりふり踊る姿に、涙もろい私は、うるうるときてしまいます。

クリスマスを目の前に、やっとやっと完成した今年のHoliday Bulletin Boardは、Advent Calendarからヒントを得て、一人ひとりのおうちに色を塗ってデコレーションをして、窓からはそれぞれの写真が見えるように。スケートリンクの池の周りにおうちを配置して、奥のほうにはサンタクロース。クリスマス用のライトをおうちを縁取るように取り付けて、できあがり。みんな一生懸命がんばってくれました。毎日、自分の顔を窓の奥から見つけることで、「自分がここに属していること」を認識して、笑顔になってくれるのが、とてもうれしいのです。
[PR]
by forestlily | 2008-12-19 21:44 | Work
Happy Halloween!
b0155270_8262120.jpgハロウィン当日。職場ではクライアントのシニアのために、ハロウィンパーティーを企画。一応職務上、私が企画構成をしたのですが、どっぷりと疲れた一日でしたー。

ハロウィン前日に、大きなかぼちゃに顔をかいてカービング。すべてのクライアントがアルツハイマー病を患っているため、Short term memoryが低下している彼らにとっては、「かぼちゃに顔を書いてみよう」ということ自体、とても難しいことなのです。私のポリシーは、「できるタスクを与えてあげて、達成感を味わってもらいたい」ということ。だから無理なこと、不可能なことは一切させたくありません。Functionのレベルとして、説明されたタスクにある程度順応できるおばあちゃん数人を筆頭に、かぼちゃに顔を書いて、スタッフがカービングをデモンストレーション方式で披露。(クライアントにナイフを持たせることは、とっても危険なので。)その傍ら、手順を説明することによって混乱を招きそうなクライアントには、くりぬいたかぼちゃの種を洗って、オーブンでローストしてスナックを作るという別のタスクを。みんなで汗だくになりながら仕上げたかぼちゃたち。かわいい顔に仕上がりました♪「ぜんぜん怖くないねー」とは、顔を書いたおばあちゃんのコメント。

ハロウィン当日は、午前中からみんなでクッキーを作りました。スパイスをたくさん使って、時間をかけて焼いたクッキー。午後のパーティーでは、スタッフはコスチュームで仮装して、クライアントは大受け♪私は紫のウィッグと黒いドレスで、別のスタッフの持ってきた大きくて足の長いスパイダーを背負い、なんか自分でも良くわからない人に・・・。クライアントいわく、「スパイダーガールだわ」と。いつもと何かが違うスタッフを見て、みんなが笑ってくれれば、それで大成功♪テーブルには、スパイダーウェブのデザインのクロスに、かわいいかぼちゃを。

あいにくの雨でしたが、子供たち、無事にお菓子をもらいにいけたのかな?
[PR]
by forestlily | 2008-10-31 22:23 | Work
Happy Birthday
b0155270_13485796.jpg実は、私のイギリスに住む親しいお友達夫婦と、この日1歳のお誕生日を迎えたベビーくんがサンフランシスコに滞在しています。イギリスから日本への帰国前に、途中下車してくれました。このお友達に会うのは2年ぶり!2年前にイギリスに遊びに行ったときに会ったきりで、その後赤ちゃんが生まれたよーというハッピーなニュースが見込んできましたが、今回が初めてのご対面。しかもお誕生日!

そして、私たちの共通のお友達も、ベビーくんと同じお誕生日!この日は友人宅に集まってバースデーパーティーでした。2年も会っていなかったのが信じられないくらい、居心地のよい時間でした。やっぱり心を許せる友人がいるって、幸せです。

さて1歳にして、かなり大きなベビーくん。検診では、2歳児と同じ位の大きさだと太鼓判をもらったほど!手も足もむくむくしてて、本当にかわいいー。赤ちゃんって本当に周りに笑顔をもたらしてくれますよね。1歳のお誕生日を、お父さんとお母さんの出会いの場所であるサンフランシスコで迎えたベビーくん。元気にすくすく育ってね♪
[PR]
by forestlily | 2008-09-12 22:47 | Friends
Farewell Dinner
b0155270_4193399.jpg元同僚で、親しい友人がEl Camino de Santiagoへ旅立つ前の最後の晩餐を我が家にて。今回は5人を招いて、ポットラック風のディナーにしました。彼女の旅の成功を祈って、おいしい食事と楽しい会話。

私はココナッツミルクたっぷりのスパイシーなタイカレー(レッド)を、他の友人はそれぞれ、Pad Thai Noodle、Fried Rice、デザート組はアイスクリーム、アップルパイ、フルーツなどなどを持参してくれました。打ち合わせもしていなかったのに、タイカレーに始まりタイフードが揃ったので、以心伝心??と盛り上がりました。たらふく食べて、たくさん笑って写真を撮って。彼女の帰国は11月半ば。2ヵ月後に会う友人はどんなにか精神的にも今まで以上に強くなっているのだろうなあ・・・。彼女のいない2ヶ月間、私は私でどんな毎日を送るのだろうと想像すると、ちょっと楽しみです。いってらっしゃい!!

写真をたくさん撮ったのに、肝心の食べる前の写真を撮るのを忘れました。おなかが減っていたのと、みんなに久しぶりに会えたので興奮したの(笑)。
[PR]
by forestlily | 2008-08-16 23:17 | Friends
Farewell Party
b0155270_873030.jpg職場にて、一番理解しあい、仕事に対する価値観を分かち合ってきた同僚が旅立つことになりました。今日は彼女の最後の日。仕事納めであり、旅立ちの日でもありました。

仕事をやめてしまうことは2ヶ月前から知ってたけれど、やっぱりとても寂しい。彼女が仕事をやめる理由は、ある夢をかなえるため。フランスからスペインにかけての国境から、昔のPilgrimが宣教を行いながら、スペインの果てまで歩いたといわれるEl Camino de Santiagoと呼ばれる道筋があるそうです。その行為は今も伝え続けられ、世界中からたくさんの人が訪れては、いろんな目的でその道を歩いていくそうです。出発地点は人さまざまだそうですが、Santiagoというゴールまで何ヶ月間もかけて歩いていく、修行のようなウォーキング。ある人は宣教師たちさながらに、宗教や精神を高めるために、ある人はダイエットを目標に、ある人は観光をしがてら・・・。私の同僚は、やはり精神面での目標を掲げて、9月に旅立ちます。彼女のご主人も一緒に二人で夢をかなえる旅に出るのです。

夢を分かち合うというときれいごとに聞こえますが、彼女たちご夫婦は二人でひとつの夢を分かち合い、理解しながら、お互いを支えあいつつ歩いていくのだと思うと、その夢を彼女から聞かされたとき、胸が詰まるほどの感動に満たされました。今でも天使のような彼女が、その過酷な旅を終えて、何を収穫してくるのか、とても楽しみであり、そんな彼女の人生の一面に出会えたことをうれしく思いました。

b0155270_12164327.jpgそんなわけで、クライアントたちと企画してきた、サプライズのさよならパーティーを実行!彼女に知られずに準備するのはとても大変だったし、アルツハイマーという記憶障害を持つクライアントとのパーティーの計画は、それ以上に大変でした。数分たつと、話していたことをきれいさっぱり忘れちゃうので、何度となく確認しての作業の繰り返しだったけれど、彼女も心から喜び、驚いてくれたのでよかった!泣くだろうなーと思ったら、案の定、彼女よりも私のほうが先に泣いてしまいました。寂しくなるけれど、体に気をつけて夢を完結してほしいです。Good Luck!
[PR]
by forestlily | 2008-08-01 22:16 | Work