タグ:Friends ( 22 ) タグの人気記事
Last Dinner with Some Friends
It was such a wonderful evening. One of my friends made a great effort to cook a lot of dishes and invited us to her place. She was quite a great hostess!

I enjoyed every dish she cooked and the most grateful thing is to have thoughtful friends who can carry conversation for everything. Nothing stops us. I will miss them so much. I have no idea if I can survive without them. To me, making friends is such a big job, especially friends who I can disclose my emotional sides, flaws, silly moments, and hopeless dream. I know it takes time to build great friendship anywhere in the new environment. I will definitely miss everyone who I have met here and who have cared for each other.

Time flies very quick. This is my last weekend in San Francisco. And three more days left at work which is another emotional thing to do.

I will cherish my time I have here until my departure.
[PR]
by forestlily | 2010-01-09 11:27 | Thoughts/Life
Moving Out
*Please accept my apology that I write this down in English (for my record) due to a computer I use currently.

Finally, I completely moved out of my apartment tonight but still can't believe what I was doing and feel like unrealistic to me. It makes me feel like I am living in someone else's life.

Staying at my great friend's place will make my life change a little bit but I definitely will enjoy staying with him until my departure. I am grateful to have wonderful, generous, caring, and thoughtful friends around me who have always supported me throughout my life in the US.

Thank you so much, my friends.
[PR]
by forestlily | 2010-01-04 21:23 | Thoughts/Life
Great Loss
数年前から病を患っていた友人が、今朝、他界しました。毎月2度は必ずお邪魔していた彼と、彼のパートナーのお宅へ、こんな形で出向き日がいつか来ることはわかっていましたが、さようならを言うのはとてもつらいことです。

電話で彼の家族への通訳などをし、ぐっとこらえていた涙があふれてしまいました。パートナーは気丈に涙も見せずにいるのに、私ときたら・・・。

さようならは新たな始まり。安らかにそして痛みのない世界へ。よくがんばったね。残された者は、さようならをしても生きていかなくてはいけないのです。彼の最後まで戦い続けた姿を思えば、私の今抱えている悩みなんて、なってちっぽけで取るに足らないことなのだろうと思います。

安らかにお眠りください。いつも見守ってくれてありがとう。たくさんいろんなことを教えてくれてありがとう。
[PR]
by forestlily | 2009-08-02 20:10 | Thoughts/Life
Dinner Invitation
b0155270_7183876.jpgIndependence Dayだった昨日、友人を招いて一緒に食事をしました。午前中にファーマーズマーケットに行って、野菜を仕入れてきました。本日のメニューは、リクエストされていたコロッケ、トマトときゅうり、アボカドとレタスのサラダ、サーモンの手まり寿司と、お味噌汁。デザートにはチョコレートケーキを焼きましたが、おなかいっぱいになってしまって結局食べられず、お土産になりました。

この日マーケットで買ってきたBariani Olive Oil のBalsamic Vinegarがすっごくおいしくてびっくり!それだけでサラダのドレッシングになるので、これから活躍しそうです。大きなボトルだととても高くて手が出なかったのですが、お試しボトルで小さいもの(60ml)があったので、それを買って帰りました。イタリアからサクラメントに移住してきた家族経営の小さな農場で、丁寧に丁寧に作られているというのもいいなぁと思いました。いつかOlive Oilも試してみたいなぁ。マーケットでは、パンと一緒に試食もさせてくれるのですが、オーナーの顔を見ながら説明を受けると納得がいくし、おいしい食べ方やこつを教えてくれるのも嬉しいですよね♪作り方も丁寧なのでしょうが、説明も丁寧で、来る人来る人にいやな顔ひとつせずに接してくれる物腰も、ステキだなぁと思います。

たくさんいろんな話をして笑って、ちょっと涙ぐんだりと、楽しいディナーになりました。一緒にご飯を食べる相手がいるって、いいですね。料理することも食べることも、とても大好きな私ですが、やっぱり一人で食べるよりも誰かと一緒にだべるほうがよりおいしい!と感じます。時々こうやって友人を招いてご飯を食べるのは、とてもいいですね♪
[PR]
by forestlily | 2009-07-05 16:14 | Friends
Yoga Night
月曜日はヨガの日。終わったあとは、筋肉や体の線や動きに集中したり、心を静めたりすることに集中するせいか、とても気持ちがほぐれます。ジムの運動でフィットすることもできますが、最近の私は、ヨガの方が合っている気がします。そんなわけでジムはこのごろ週末だけになっています。ジムの運動もいいので、行けば行ったでがんばろうとは思うのですが、行くまでは苦痛で・・・(笑)。でも、ヨガに行くのを苦痛と思ったことはないのです。ゆるやかな運動の仕方のほうが自分に合っているのかな?

ずっと始めたかったヨガなので、一度ジムの中のヨガクラスに出たことがあるのですが、レベルの高い人(すでにヨガを始めて何年もたっている人)ばかりのなか、足を引っ張るのも気がひけたし、とにかくついていけなかったのです。それにプライベートのヨガスタジオは、とっても高くて通えないなぁとあきらめていたところでした。今回はとてもラッキーで、友人の誘いを受けて、ほぼ無料で週に一時間というありがたいレッスンを受けることになりました。セミプライベートで、先生もとてもかわいらしく、よい「気」の持ち主で、毎回レッスンに行くのが楽しみです。終わったあとの、程よい疲労感と、次の日から襲ってくるじんわりとした筋肉痛も、なんだか嬉しい(笑)。体も心も強くなれそうな気がします。

まだまだ始めたばかりで、Postureもはっきりとは覚えていませんが、これから少しずつ覚えて、家でも練習できるといいなぁと思います。
[PR]
by forestlily | 2009-06-22 20:30 | Thoughts/Life
Fireworks
b0155270_3584372.jpg土曜日、友人たちに誘われて花火を見に行ってきました。小さなクルーズを予約してくれたので、便乗して楽しんできました。日中は暖かかったのですが、さすがに夕方、夜になるにつれて、海の上の空気が冷たくなって、本当に寒かった!でも空気が澄んでいて、刺すような冷たさがとても気持ちよかったです。

出港は8時。乗るときに橋がとても揺れたので、船酔いするかも・・・と思ったのですが、一度船が動き出してしまえば、揺れることもなくて楽しめました。出発したころはまだ空も明るくて、サンセットがとてもきれいでした。どんどんベイブリッジに近づいていきます。ベイブリッジの下を通ってUターンをして、その少し手前で花火があがるまで少し休止。このときが一番寒かった!分厚いコートを着ていたのですが、手袋を忘れてしまって、手の感覚がなくなるほど。次回(はあるのかわかりませんが)は、これを教訓に、これでもかというほど厚着をしていこうと心に誓いました。

b0155270_3552878.jpg久しぶりに見る花火は、日本の花火に比べると、細工がそれほどなくてシンプルなものでしたが、十分情緒がありました。空を見上げながら、毎年夏に家族と一緒に見た、川の花火を思い出しました。このごろこうやって、日本でのことや小さかったころのことをよく思い出して、寂しくなってしまうことがあります。花火って、センチメンタルにさせるのでしょうか。
[PR]
by forestlily | 2009-05-11 20:54 | Outing
Hand Made Soaps
b0155270_10125164.jpg先日、友人から手作りソープをいただきました。彼女の友人が作ったものだそう。しかもその友人は男性!石鹸つくりの得意な男の人、なんかいいですよね。

緑の石鹸はミント。紫がかった黒っぽい石鹸はオートミール(だったかな?)。ミントのほうは、すっきりとさわやかな香りで癒されます。オートミールのほうは、甘い香りがしてお菓子みたいな感じ。どちらもお肌によさそうです。

石鹸とろうそくって、いつか作ってみたいなぁと思っているものなのですが、なかなか機会がないです。いつかチャンスにめぐり合えたら、逃さないでトライしてみたいと思います。

今週はずっと雨模様のサンフランシスコ。土曜日の今日も、どんよりとして肌寒いです。先週までの春のような陽気が普通ではなかっただけなのですが、こんなふうにどんよりと曇っている空だと、いつものサンフランシスコだという気持ちになって、ちょっと嬉しいです。LAにも少しだけいたことがあったのですが、私にはまったく合いませんでした。気候は暖かくていいのですが、ビーチが主張しすぎていて、ざわざわとして落ち着かなかったことを覚えています。嫌いではないのですが、ここにずっと住みたいとは思えませんでした。その点、サンフランシスコはいろんなものが程よくミックスされていて、徒歩でいろんなところにいけるし、こじんまりしているし、落ち着いた街の雰囲気が好きです。ここにいつまでいるかはわかりませんが、いる間はその時間を大切にしたいと思います。
[PR]
by forestlily | 2009-01-24 18:08 | Thoughts/Life
Bolivian Restaurant
b0155270_12574731.jpg先週の日曜日の夜、友人たちと少し遅めのディナーに行きました。初めての試み、Bolivian Restaurant。Raw Organic Foodがメインの健康的なレストランでした。この日の夜はそのレストランで、友人のそのまた友人のスペインのバンドが演奏するというので、誘われて。

私はVegan Raw-Living Organic Lasagnaをトライしました。甘みのあるSun-dried tomatoに、マカダミアナッツでできたチーズ、ズッキーニ、そしてオレガノがきれいに添えられてでてきました。サイドにはサラダも。初めての感覚、焼かないラザニア!新鮮でした。マカダミアナッツのチーズはどんなものなんだろうと興味があって頼んでみたのですが、これがしゃきしゃきして、ナッツの歯ごたえたっぷり、もちろんチーズの味はしませんでしたが、お豆腐かヨーグルトでナッツが絡められていて、とても食べやすくておいしかったです。一番下の層には、ズッキーニ、その上に白いマカダミアナッツのチーズ、さらにその上に赤いトマトソース。外観も食感も味も、大満足でした。見た目は焼いてある普通のラザニアのように見えますが、すべてRawの野菜たちでラザニアのように層が作っていました。なんだか体が新鮮な食べ物を与えられて、喜んでいるような気がしました。とてもおいしかったです。

Bolivian Foodって、親しみがなかったので、とても興味津々だったのですが、Rawのものを食す文化の日本人には受け入れやすいような感じがしました。火を通したメニューももちろんありました。機会があればまた行ってみたいレストランのひとつになりました。
[PR]
by forestlily | 2009-01-13 20:57 | Outing
Farewell Lunch
b0155270_6363992.jpg昨年の9月(もう昨年になるんですね)にEl Camino de Santiagoへの旅のために元気にスペインへと旅立った友人。11月半ばに無事に戻ってきたあとも何度か会って、旅の話やその後の予定なども聞いていましたが、スペインの500マイル徒歩の旅を終えて数ヵ月後の今年の5月末、今度はTanzaniaへ3年間のボランティアへ旅立つことになりました。

5月までは時間があるものの、そのボランティアの組織がLAにあるため、1月末にはサンフランシスコを離れてLAで4ヶ月間のトレーニング。その後、Tanzaniaに向けて出発するそうです。

いつも、彼女の献身的な姿勢に心を打たれます。生きる力が強い人。新しいことを恐れない勇気。そんな姿勢に魅力を感じます。彼女との会話やそのすべてが、とても刺激的です。前回のスペインの旅は宗教的な要素が大きかったもの、今回の3年間のボランティア活動は、本当に心から望んでのことだそうです。以前にもミクロネシアなどでも2年間のボランティアをしていたので、海外ボランティアは初めてではないのですが、何年間も、知らない国で過ごすこと、いくらご主人が一緒に行くといえど、怖気づいてしまうところだと思います。彼女もさすがに3年間の契約は思っていた以上に過酷になるだろうと予想はしているようです。

私もいつかはそんなボランティアがしてみたいとは思いますが、今はまだ時期が熟していないと思います。ご近所のボランティアで精一杯。まだまだ自分の日常の雑事に翻弄されて、心が鮮明に海外でボランティアができる状況ではないようです。まだまだ私はその域まで達していません。老後に入るかはいらないかのころ、そのころには自分の伴侶と呼べる人と、そういうボランティアがしてみたいと思います。

前置きが長くなりましたが、そんな彼女も2週間後にLAに向けて出発するため、ご主人と一緒に荷造りとアパートを引き払うための手続きで大忙し。そんな中、旅立つ前にFarewellランチをしました。ポットラック形式にして、みんなが持ち寄ってくれたたくさんのお料理。私は彼女が好きな肉じゃが(お肉なし)、ちらし寿司、チョコレートケーキを。今度は3年後にしか会えないのだから、とても愛おしい時間になりました。

寂しくなるけれど、3年後の彼女に会えるのを、今からとても楽しみにしています。でもその前に、LAに会いに行こうかなとも思っています。
[PR]
by forestlily | 2009-01-03 21:49 | Friends
Special Package From England
b0155270_12582496.jpg先週、イギリスに住む親しい友人から小包が届きました。

夏にサンフランシスコに遊びに来てくれた大切な友人。彼女とは、実はSFで同じ組織で一緒に働いていたのです。結婚とご主人の仕事を機に、イギリスに引っ越した彼女。一回りほど年齢は違うのですが、心から深い話ができる親しい友人です。

フランスの
Mariage Freresの紅茶とサブレのセット。日本でもとても人気なのですねぇ。知りませんでした。紅茶もサブレのフレイバーも、私の大好きなMarco Polo。Marco PoloはFruity Afternoon Blendということで、フルーツの甘い香りが漂う、とても香り豊かな紅茶です。サブレと一緒に、大切にいただきます。彼女の温かい心遣いがうれしくて、うれしくて。ありがとう。

Marco Polo: Chinese and Tibetan fruits and flowers give Marco Polo a brilliant bouquet. One of the most popular Mariage Frères teas. The Marco Polo flavor is also available in green and red which also happen to be excellent.
[PR]
by forestlily | 2008-12-29 20:55 | Friends