タグ:Family ( 4 ) タグの人気記事
Cherry Picking
b0155270_1275945.jpg

もう1ヵ月半以上前のお話ですが、6月のある日。久しぶりに遠出をしました。目的はさくらんぼ。旬のフルーツは甘くて新鮮でおいしいですよね。特にさくらんぼは旬の期間が短いだけに、毎年さくらんぼ狩りは大人気ですよね。サンフランシスコにいたときも、よく足を伸ばしてCherry pickingに行きました。
b0155270_12154824.jpg

まだ雪の残る山を見ながら、一路山梨へ。もうすぐ甘いさくらんぼに出会える♪
b0155270_1222462.jpg

本当に文字通り食べ放題なんですね。主に佐藤錦というさくらんぼ。口に入れるとぷちっと弾けて、甘い果汁がなんともいえない新鮮な感覚。もうこれ以上食べられない!というくらいおなかいっぱい頂いて、山梨の農園をあとにしました。帰りの道中、「さくらんぼの食べすぎでおなか痛くなったら本望だよねえ~」と母と言い合いながら、楽しくおいしい小旅行を振り返ってみました。ぜいたくな一日。ごちそうさまでした。
[PR]
by forestlily | 2010-08-05 12:03 | Travel (2010)
Japanese Vegetable Plate
b0155270_1234987.jpg週末のマーケットで手に入れた野菜で、先週の土曜日は純和風な夕食にしてみました。1週間前の食卓。かぼちゃとお茄子の煮物、きゅうりとわかめの酢の物、卵焼き、母のお手製の梅干、お味噌汁(お味噌がなかったので、インスタントで)に雑穀とお豆を加えたご飯。ここまで純和風にするのは珍しいかも。年齢を重ねるにつれて、日本の味が恋しくなっていく気がします。

新鮮な野菜は甘くて素材の味がしっかりと濃く、たくさん作ってお弁当にいれようと思っていた煮物類はほとんど食べきってしまいました。日本から、重いのにたくさん持って帰ってきた母の梅干、とても大好き。毎日1個、かかさず食卓(またはお弁当)に登場します。梅干って、どうしてこんなにもおいしいんだろう♪いつかかならず梅干の作り方を伝授してもらいたいなぁと思っています。あと、着付けも!

今週末もよいお天気に恵まれているサンフランシスコ。風が少し強くて、木陰に入ると半そででは寒いくらいなので、いつものように1枚なにか、パッとはおれるものを持って出かけます。よい週末をお過ごしください♪
[PR]
by forestlily | 2009-06-20 16:02 | Food
Kyoto in Early Summer
b0155270_8295636.jpgいつも帰国すると、母と訪れる場所があります。京都は私たちの第二の心の故郷。今回は奈良の叔母も一緒に、わいわいと3人で小旅行。

小さい頃からとても好きな場所のひとつです。物心ついてからは、叔母一家が奈良に住んでいることもあり、何度も通った奈良と京都。学生時代を過ごした大阪。私は関東よりも関西に縁があるようです。

今回は清水寺、伏見稲荷、それからちょっとローカルなところで古川町ののどかな川のある風景などを見てきました。清水寺や伏見さんは何度も何度も足を運んでいますが、毎回違う表情を見せてくれます。宗教や文化、風習という枠組をなくして、心がしんと静まり返るような緑と歴史の古さに、いつも圧倒させられます。


b0155270_8583364.jpg伏見さんは、祖母との思い出もたくさんあります。小さかったころ、祖母と母と新幹線で京都まで行き、伏見稲荷で奈良の叔母と合流し、ランチを食べてたくさんおしゃべりをして、日帰りの旅。祖母が元気だったころは、1ヶ月に一度は伏見さん集合でした。懐かしいねぇ・・・と母と思い出しながら歩きました。


b0155270_8374922.jpgこれは古川町の行者橋。確か銀閣寺の近くだったと思うのですが、車で移動したので正確にはわかりません。とろりと流れる優雅で情緒のある川にほそーい橋が何本か立ててあります。その昔、行者さんたちはこの橋を通って、向かいの通りまで商売をしに行っていたそうです。川には白鷺もいて、京都の真ん中にあるとは思えない静けさが印象的でした。川のそばには柳の木があって、川風が涼しかったです。


b0155270_8391621.jpg一日たっぷり歩いて楽しんだ後は、お楽しみのおやつタイム♪祇園の辻利さんでお茶。私は迷わず抹茶かき氷♪何年ぶりかでおいしーいかき氷をいただきました。母はみぞれと抹茶のミックス、叔母は抹茶のパフェを。パフェも甘みが押さえてあって、お茶の香りと味がしっかりと濃くて、とても贅沢な味がしました。おいしかった!

思い出がたくさんの京都。大好きな母と大切な叔母と3人で祖母の思い出話をしながら歩いた場所。次に3人で旅ができるのはいつでしょうか。楽しみです。すてきな時間を作ってくれてありがとう。いつもいつも気にかけてくれてありがとう。この旅のあと、私はアメリカに帰りたくなくなってしまったのです。

Photo: 清水寺、 京都、 Japan (2009)
Photo: 伏見稲荷、京都、Japan (2009)
Photo: 古川町、行者橋、京都、Japan (2009)
Photo: 辻利、茶寮 都路利、京都、Japan (2009)
[PR]
by forestlily | 2009-06-14 17:19 | Travel (Japan 2009)
Came Back.
先週、無事に日本から戻ってきました。長いようで短い滞在でしたが、思う存分のんびりと家族水入らずで過ごすことができました。

今回は友人と会うのも数回に控え、家族との時間を楽しみました。1年半ぶりの我が家は、懐かしいにおいでいっぱいでした。

母の手料理がおなかにも心にも優しく、改めて和食の深さや良さを実感したり、祖父と一緒に温泉に行ったり、弟と一緒に買い物に行ったり、犬たちとお昼寝をしたり、近所を散歩してみたり、図書館で本を借りたり、母と一緒にお弁当を作って、川の見える眺めのよい場所まで行ってピクニックをしたり。本当にたっぷりと時間を共有できて、泣きそうなほど楽しかった。そして一緒にいられることへの感謝と、私を思いやってくれる家族の愛情に触れ、改めて私は幸せだと思いました。

成田空港に着いたとき、彼から、「日本行きのフライトを何度も変更しなくてはならなかったけど、今の時点ではあと二日後には着く予定」というメッセージが入っていたのですが、残念ながら、その後の彼の仕事の予定と経過により、今回は見送ることになってしまいました。残念だったなぁ。私の家族も会えるのを楽しみにしていたので、残念なのが正直な気持ちですが、今回が会えなくて残念ならば、次に会ったときがもっと素敵なものになると信じて、次を待とうと思います。

温かく迎えて居心地よく滞在させてくれて、ありがとう!
[PR]
by forestlily | 2009-06-10 19:41 | Travel (Japan 2009)