<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Promise
シンガポールにいる彼から、10日ぶりに電話がありました。こちらの午後4時半近くだったので、シンガポールはもう朝の6時半。今日は珍しく1時間ちかくゆっくりと話しができました。だけど最後のほうはもう眠くて仕方なかったようで、電話口で寝てしまったようです。

本当は8月中にはアメリカに帰国予定だったのですが、少しだけ遅れそうです。帰国そのものの予定は変わっていないのですが、彼の年の離れた弟くんが夏休みに入り、彼の帰国前の今、彼のもとに遊びきているため、2人で東南アジアを回ってそれから2人でそろって帰国するそうです。よかった、本当に帰ってくるんだなぁって、実感がわきました。

帰ってきたらどこに住むかということも、以前から話はしていたのですが、今日やっと具体的に決まりました。私のところでまずは一緒に住むことになりました。私が昨年末に引っ越してきたこのアパート、実際にはStudioなのですが、Jr.1Bedroomと呼ばれています。リビングルームエリアがダイニングと兼用になっていて、備え付けの引き戸でベッドルームを仕切ることができるのです。だから、見た目は1ベッドルームという意味なのでしょうね、きっと。

というわけで、一人で住むには十分の広さですが、二人でも軽々生活ができる空間が保てると思います。ただ収納が少ないので、ここで彼が少し生活のリズムを取り戻し、落ち着いてきたら、今度は二人で住む場所を検討しようということに決まりました。

実はここ数日ほど、私は仕事関係のことで心を悩ませていました。私のアメリカ滞在形態にもかかわることなので、夜は眠れなくなるし、少しつらかったのです。彼は、どうして言ってくれなかったの?と言ってくれたけれど、私は毎日の日課の彼へのメッセージの中で伝えていたのです。どういうわけか、彼がシンガポールやジャカルタから出ると、彼の携帯電話が圏外となり、送信したメッセージが時々行方不明になるそうです。きっとその中の何通かが、核心に触れたメッセージで、彼が見逃してしまったものだったのだと思います。

思わずこらえきれず、電話口で泣いてしまった私に、「僕に何ができる?何をしてほしい?君には幸せでリラックスしていてもらいたい。ストレスなんて感じないでいてほしいから、何でも言ってほしい。経済的なことも助けられるし、住む場所だって僕のところに住めばいいし、仕事だって心配しなくていい。だからもう泣かないで」と。彼に経済的にすべて寄りかかることは絶対にしたくはないのですが、それでもこうやって言ってもらえただけで、彼に包まれているような気持ちになりました。

彼の心のこもったひとつひとつの言葉が温かくて、また涙がこみ上げてきました。君のために僕は変わる、だから変えてほしいところは言ってほしい、とまで言ってくれた彼に、私が何を望むのでしょう。彼は自分の欲しいものをもうすでにわかっているけれど、私が何を求めているのか、それが聞きたいと。彼が正直に聞いてくれたから、私も素直に答えました。ずっと離れていたんだから、私はあなたとずっと一緒にいたいし、一緒に暮らして、時間をともにすごしたい、そしていつか私とCommitmentを結んで、お互いが一緒にいられるようにしたい。それが私の望むこと、と。彼にも一人ではいてほしくないし、私だって一人でいるのはいやだから。That's easy. と言った彼と、私の求めるものは同じだったことがわかり、ふわりと包まれるような気持ちになりました。私たちは離れていた分、きっと今まで以上に2人の時間が必要で、すべてはこれからなのです。でも今までの時間は無駄ではなく、この時間を経過しなければ見えてこないものや感じられないものだってあったはずです。

このタイミングで雇用と滞在形態が変わるかもしれないという不安におびえたのも、彼からの電話があったことも、今、彼が帰ってくることも、すべてに意味があることなのだと思います。願えばかなう、そして信じたことはきっと現実になると、何度も言い聞かせてきたこの2年間。二人で本当によくがんばってきたなと思います。私の人生の伴侶はどこいるのだろうと模索し続けたこの数年でしたが、私が彼に初めて出会った日に感じたあの穏やかな感触、そしてこの人とはきっと縁があると感じたあの強い気持ちは、本物でした。

どれだけI miss youを繰り返しても足りることはなかったし、愛おしい気持ちを言葉にしても不安で、会いたくても会えない瞬間をたくさん乗り越えて、私たちの関係は強くなりました。約束通り、もうすぐ彼がここに帰ってきます。まだ夢みたい。
[PR]
by forestlily | 2009-08-29 21:42 | Thoughts/Life
I Miss You. I Miss You. I Miss You.
10日ぶりの彼からのメッセージは、心の底から彼のことが恋しくなる言葉たちでした。このごろの私も、いろいろなことが重なってちょっとつらい時期だったので、彼に会いたくて会いたくて仕方なく思う気持ちが募っていました。会いたい時に会えなくて、抱きしめてもらいたいときにそばにいないということ。これって、この数年間で何度も経験してきたことなのだけれど、こういう波が訪れるとき、本当に苦しいのです。それは反対に、彼がつらいときにそばにいてあげられなくて、抱きしめてあげたいときに隣にいられない自分へのもどかしさでもあります。

ちょうどそんな波が押し寄せていて、仕事もちょっと軌道に乗らず気がめいっていたのですが、彼の愛しい言葉たちに甘えさせてもらえました。私は毎日彼に、必ず最低でも1通、Text Messageを送ります。それは本当に毎日の出来事で、おいしものを食べたことや、楽しかった映画や場所、読んだ本や仕事のこと、友達といったレストランや、自分で作った料理のこと。私の日常が彼にも届くようにと、でも暗い内容にならないように心がけて。顔が見えない時は、できるだけ明るい話題を書くようにしていますが、時々こんなふうに押し寄せるI miss youの気持ちや、彼を欲する気持ちなど、彼のことを思っていることを伝えられる言葉は、言葉の新鮮味が薄れないうちに、すっぱりと書いて送ります。彼がジャカルタにいない間は返事が届きませんが、それでも私としては「伝えられた」という満足感に満たされるので、温かい気持ちになれるのです。

そんな彼からの10日ぶりのメッセージ。私と同じ気持ちだということを伝えようとしてくれたこと、そして少ない言葉のその奥に、計り知れない寂しさや苦悩が隠れているのだということも。今、私が彼ににできること、彼が私にできること、私たちが自分たちにできることって、きっとこういうことなのですね。距離があるから、そのぶんそう感じた瞬間に素直にならなくては。言葉を駆使するのもいいけれど、短く少ない言葉の中に、信頼し合っている2人だけが感じ取れる気持ちがあれば、それで十分なのだと思います。今日は彼が無事でいてくれることにも感謝をしたい気分だし、彼の気持ちを再度知ることができて、私はとてもうれしかったのです。帰ってくるのは、今の時点では日取りが決まっていませんが、前後しても必ず近いうちに帰ってくるのだから、待ち遠しくて苦しても、あと少しがんばろう。

I miss you, darling.
[PR]
by forestlily | 2009-08-19 20:27 | Thoughts/Life
Fresh Vegetable Omelete
b0155270_681413.jpg
昨日のファーマーズマーケットで手に入れた新鮮な野菜を使って、今日のブランチはオムレツにしました。夏はバジルの葉がとってもおいしそうな香りを放っているし、トマトも真っ赤でぴちぴちしているし、アボカドも甘くてねっとりと濃く、ネクタリンも今が旬ですね。

昨日はいちごが収穫の最後の時期だったようで、陳列されているものも少なく、それに替わってそろそろぶどうが出回ってきました。

今週末も快晴のサンフランシスコ。少し歩くだけで汗ばむ陽気です。8月も半ばになりました。今週は彼からの連絡がないけれど、あとは帰ってくるだけなので心配しすぎず、静かに彼の帰りを待ちたいと思います。もうすぐ帰ってくるのだから。近い週末には一緒にマーケットへ出かけて、新鮮な野菜やフルーツをたくさん買って、一緒においしい食事ができるのを夢見ています。あとちょっと。
[PR]
by forestlily | 2009-08-16 14:05 | Food
His Farewell Party
帰国も間近に迫り、あわただしい様子の彼ですが、今日はとても良いことを教えてくれました。彼の運転手さんのこと。

彼がインドネシアに旅立ってから2年と少しですが、その間毎日のように送迎してくれた、陽気で心の優しい運転手さん。昨日まではシンガポールにいた彼ですが、今日のお昼にはジャカルタに戻らなくてはいけないと言っていました。もちろん、ビジネスの最後のつめの甘い部分を締めておくという目的もあるのですが、それ以上に大きな理由がありました。それは、その運転手さんご家族が、彼のお別れ会をご自宅でしてくれることになったのです。

私はインドネシアに住んだことはなく、一度訪れただけなので、文化背景などは本やニュースなどでしか耳に入ってきません。インドネシアは世界で一番大きなイスラム教国。ジャカルタは首都で、様々な国籍の様々な人たちが共存しているすばらしい場所。宗教的背景の詳しいことは私はわからないし、無知が故に無責任なことも言えないのですが、イスラム教の方がアメリカ人を家に招き入れるということは、とても特殊なことのようです。彼は2年間で初めて、運転手さんのご自宅にお邪魔することになったそうです。

お別れ会の主役である彼自身がとても驚き、「とても嬉しく光栄なことだと思う」と、言っていました。2年間って長かったようで短かったような感じがしますが、きっと毎日顔を合わせていた彼と運転手さんの絆は、誰よりも強かったのだと思います。宗教や文化や国や習慣やうわさや憶測、そういうことにとらわれず、人としての信頼や尊敬、絆があればこその関係だったのだと思いました。

ステキなお別れ会になりますように。
[PR]
by forestlily | 2009-08-09 18:25 | Thoughts/Life
Pasta With Basil & Tomato
b0155270_919428.jpg朝、ファーマーズマーケットで買ってきた野菜たちでブランチ。今まで、買ってきた野菜たちを、すぐその日のブランチに使うことがなかったので、今日は時間もあったのでのんびりと料理してみました。

そのままでもおいしいトマトと、バジルをたくさん束で買ったので、それを使ってシンプルなパスタ。こくを出すためにベーコンを入れて。素材の良さがぐんと出て、トマトは甘く、バジルは爽やか。バジルがたくさんあるので、たっぷりと使いました。

今日も良いお天気でしたね。ここ数週間、少し忙しくしているので更新があまりできなくて残念ですが、毎日元気に小さな幸せを見つけてがんばっています。仕事でも変化がありそうだけれど、これからもマイペースで生きていこうと思います。
[PR]
by forestlily | 2009-08-08 21:18 | Food
Great Loss
数年前から病を患っていた友人が、今朝、他界しました。毎月2度は必ずお邪魔していた彼と、彼のパートナーのお宅へ、こんな形で出向き日がいつか来ることはわかっていましたが、さようならを言うのはとてもつらいことです。

電話で彼の家族への通訳などをし、ぐっとこらえていた涙があふれてしまいました。パートナーは気丈に涙も見せずにいるのに、私ときたら・・・。

さようならは新たな始まり。安らかにそして痛みのない世界へ。よくがんばったね。残された者は、さようならをしても生きていかなくてはいけないのです。彼の最後まで戦い続けた姿を思えば、私の今抱えている悩みなんて、なってちっぽけで取るに足らないことなのだろうと思います。

安らかにお眠りください。いつも見守ってくれてありがとう。たくさんいろんなことを教えてくれてありがとう。
[PR]
by forestlily | 2009-08-02 20:10 | Thoughts/Life
Just Want To Come Home.
今日から8月になりましたね!私にとっては、待ちに待った8月!彼がもうすぐ帰ってくる!でも今の時点ではまだ8月のいつに戻れるかという日にちは決まっていません。引越し作業に後任の引継ぎなどなど、私には計り知れないほど、やらなければいけないことがたくさんある中、ただ健康で平和で無事に帰ってきてくれることを祈ることしか、私にはできません。

そんな8月のはじめの日。彼からちょっと弱気なメッセージ。「もうとにかく早く帰りたい。I miss you」心細いような感情は、遠くにいるときはあらわしたりすることがめったにないので、心配になってしまいましたが、こういう弱いところを見せてくれることも、私としてはちょっと嬉しかったりします。人には見せないくじけそうな心とか、弱い面を見せられる相手がいるのって、大きな意味を持つと思います。人は誰でも一人では生きていけないものだと思うし、そういう見えない支えは、離れているときは一層強く感じたりするものだと思うから。私がそんな小さな支えになれていることに、ちょっと誇りを持ったりしています。私の中でも、彼は同じ存在なのです。離れているからこそ強く感じるいろんな気持ちは、本物なのだと思ったりもします。
[PR]
by forestlily | 2009-08-01 19:31 | Thoughts/Life