カテゴリ:Friends( 7 )
Dinner Invitation
b0155270_7183876.jpgIndependence Dayだった昨日、友人を招いて一緒に食事をしました。午前中にファーマーズマーケットに行って、野菜を仕入れてきました。本日のメニューは、リクエストされていたコロッケ、トマトときゅうり、アボカドとレタスのサラダ、サーモンの手まり寿司と、お味噌汁。デザートにはチョコレートケーキを焼きましたが、おなかいっぱいになってしまって結局食べられず、お土産になりました。

この日マーケットで買ってきたBariani Olive Oil のBalsamic Vinegarがすっごくおいしくてびっくり!それだけでサラダのドレッシングになるので、これから活躍しそうです。大きなボトルだととても高くて手が出なかったのですが、お試しボトルで小さいもの(60ml)があったので、それを買って帰りました。イタリアからサクラメントに移住してきた家族経営の小さな農場で、丁寧に丁寧に作られているというのもいいなぁと思いました。いつかOlive Oilも試してみたいなぁ。マーケットでは、パンと一緒に試食もさせてくれるのですが、オーナーの顔を見ながら説明を受けると納得がいくし、おいしい食べ方やこつを教えてくれるのも嬉しいですよね♪作り方も丁寧なのでしょうが、説明も丁寧で、来る人来る人にいやな顔ひとつせずに接してくれる物腰も、ステキだなぁと思います。

たくさんいろんな話をして笑って、ちょっと涙ぐんだりと、楽しいディナーになりました。一緒にご飯を食べる相手がいるって、いいですね。料理することも食べることも、とても大好きな私ですが、やっぱり一人で食べるよりも誰かと一緒にだべるほうがよりおいしい!と感じます。時々こうやって友人を招いてご飯を食べるのは、とてもいいですね♪
[PR]
by forestlily | 2009-07-05 16:14 | Friends
Farewell Lunch
b0155270_6363992.jpg昨年の9月(もう昨年になるんですね)にEl Camino de Santiagoへの旅のために元気にスペインへと旅立った友人。11月半ばに無事に戻ってきたあとも何度か会って、旅の話やその後の予定なども聞いていましたが、スペインの500マイル徒歩の旅を終えて数ヵ月後の今年の5月末、今度はTanzaniaへ3年間のボランティアへ旅立つことになりました。

5月までは時間があるものの、そのボランティアの組織がLAにあるため、1月末にはサンフランシスコを離れてLAで4ヶ月間のトレーニング。その後、Tanzaniaに向けて出発するそうです。

いつも、彼女の献身的な姿勢に心を打たれます。生きる力が強い人。新しいことを恐れない勇気。そんな姿勢に魅力を感じます。彼女との会話やそのすべてが、とても刺激的です。前回のスペインの旅は宗教的な要素が大きかったもの、今回の3年間のボランティア活動は、本当に心から望んでのことだそうです。以前にもミクロネシアなどでも2年間のボランティアをしていたので、海外ボランティアは初めてではないのですが、何年間も、知らない国で過ごすこと、いくらご主人が一緒に行くといえど、怖気づいてしまうところだと思います。彼女もさすがに3年間の契約は思っていた以上に過酷になるだろうと予想はしているようです。

私もいつかはそんなボランティアがしてみたいとは思いますが、今はまだ時期が熟していないと思います。ご近所のボランティアで精一杯。まだまだ自分の日常の雑事に翻弄されて、心が鮮明に海外でボランティアができる状況ではないようです。まだまだ私はその域まで達していません。老後に入るかはいらないかのころ、そのころには自分の伴侶と呼べる人と、そういうボランティアがしてみたいと思います。

前置きが長くなりましたが、そんな彼女も2週間後にLAに向けて出発するため、ご主人と一緒に荷造りとアパートを引き払うための手続きで大忙し。そんな中、旅立つ前にFarewellランチをしました。ポットラック形式にして、みんなが持ち寄ってくれたたくさんのお料理。私は彼女が好きな肉じゃが(お肉なし)、ちらし寿司、チョコレートケーキを。今度は3年後にしか会えないのだから、とても愛おしい時間になりました。

寂しくなるけれど、3年後の彼女に会えるのを、今からとても楽しみにしています。でもその前に、LAに会いに行こうかなとも思っています。
[PR]
by forestlily | 2009-01-03 21:49 | Friends
Special Package From England
b0155270_12582496.jpg先週、イギリスに住む親しい友人から小包が届きました。

夏にサンフランシスコに遊びに来てくれた大切な友人。彼女とは、実はSFで同じ組織で一緒に働いていたのです。結婚とご主人の仕事を機に、イギリスに引っ越した彼女。一回りほど年齢は違うのですが、心から深い話ができる親しい友人です。

フランスの
Mariage Freresの紅茶とサブレのセット。日本でもとても人気なのですねぇ。知りませんでした。紅茶もサブレのフレイバーも、私の大好きなMarco Polo。Marco PoloはFruity Afternoon Blendということで、フルーツの甘い香りが漂う、とても香り豊かな紅茶です。サブレと一緒に、大切にいただきます。彼女の温かい心遣いがうれしくて、うれしくて。ありがとう。

Marco Polo: Chinese and Tibetan fruits and flowers give Marco Polo a brilliant bouquet. One of the most popular Mariage Frères teas. The Marco Polo flavor is also available in green and red which also happen to be excellent.
[PR]
by forestlily | 2008-12-29 20:55 | Friends
Saturday Brunch
b0155270_116109.jpg今日は、予想していた雨とはうってかわって、夏のような陽気。お友達とブランチをして、ちょっとショッピングをして楽しく時間をすごしてきました。ブランチのあとおなかがいっぱいになったので、ゆっくり、のんびりとお散歩しました。Fisherman's Wharfまで、私の住むエリアからはゆっくり歩いて30分もあればたどりつけます。きれいな青空と暖かい陽気のおかげで、歩いていると汗ばむほど。

コーヒーショップの外にあるテーブルは、いろんなローカルな人々が、それぞれの犬と一緒に土曜日の午後の日差しを楽しんでいました。そういえば、今日は不思議が犬を見ました。全身が濃い茶色のモップのような毛にくるまれている、中型犬。なんと表現していいものか、本当に、どちらが顔でどちらがしっぽかすらもわからないほどに、モップのようないでたち。日本では、このタイプの白い毛の犬を見かけたことがあったのですが、濃い茶色の焦げたような色の子は初めてみました。カメラに収めることも忘れるほど、見とれてしまった、その不思議な容姿。

コーヒー片手に歩く道は気持ちが良くて、気の合う友人とおしゃべりしながらだったら、永遠に歩けそうな感じ。ステキな時間でした。ありがとう。

Photo: Tree with Orange Flowers, San Francisco, CA (2008)
[PR]
by forestlily | 2008-10-04 19:50 | Friends
The Best Thing in the Life is...
b0155270_10564547.jpg日曜日は、お友達夫婦のSF滞在最後の日。明日は、日本へ数週間の帰国予定で旅立ちです。今日は別の友人も交えて、みんなで最後のお食事会。

3人で会ったのは、まさに2年ぶり!それにもかかわらず、時間のブランクを感じることなくこうやって再会できるのって、本当に宝物です。若い頃は、友人は数が多ければいいという考えが蔓延しているのかもしれませんが、少しずつ年齢を重ねるにつれて、揺るぎのない友人関係を築くことができていると思います。それだけでも年を重ねるって、いいことだなー。質のよい、自分も相手も分かり合える友人関係だけが生き残っていくのだろうと思います。本当の友人同士というのは、共感し合えるところもいっぱいあるのでしょうが、それと同等なだけ心からのアドバイス(時には厳しいことも)を与え、受け入れることができる関係。ちょっといろいろと考えることの多かったここ最近の私。さすがに二人には見抜かれてしまいました。違う目線から、でも決してRespectを忘れない彼女たちの物事の見方、考え方、捉え方に大きく刺激を受けました。

このごろの私は、このままではいけない・・・となんだか焦りのようなものばかりが大きくなって、心をきゅっと締めていました。そして、「動かなければ何も始まらない」とわかっているのに、「動くことのできない状況だから」と勝手に決めつけ、だけれどそれは自分の最良の解決策ではないとまたわかっているから、焦ってしまう。こんな繰り返しでは、心の元気がなくなってしまう。気持ちの持ち方次第で、毎日は楽しいものに変わります。それはきっと本当のこと。変化を恐れていては、きっと動くことも前へ進むこともできない。だけれど、新しいことに挑戦するとき、新しい環境に飛び込むとき、少し怖くてしり込みしてしまう。でも一歩足を踏み入れれば、「なんだ、こんなに簡単ことだったの?」と思ったり、新しいことが刺激的で、新鮮で、心の空気の入れ替えになることもあります。今は抽象的にしか書けないのですが、新たな一歩を踏み出してみようと、今、ちょっとドキドキしながら動いてみている最中。それを彼女たちに後押しされた今週末。さらにポジティブなエネルギーをもらって、本当に感謝!詳しく書けるには、まだ少し時間がいるようです。

次に3人で会えるのはいつかなのかはわからないけれど、2人に会えただけでもここに来た意味があるのだなあと思いました。
P.S. そして、せっかく昨日焼いたマドレーヌ、せっかくラッピングしたのにテーブルの上に置き忘れて渡せなかったー。残念!

Photo: Bright Summer Flowers, San Francisco, CA (2008)
[PR]
by forestlily | 2008-09-14 20:31 | Friends
Happy Birthday
b0155270_13485796.jpg実は、私のイギリスに住む親しいお友達夫婦と、この日1歳のお誕生日を迎えたベビーくんがサンフランシスコに滞在しています。イギリスから日本への帰国前に、途中下車してくれました。このお友達に会うのは2年ぶり!2年前にイギリスに遊びに行ったときに会ったきりで、その後赤ちゃんが生まれたよーというハッピーなニュースが見込んできましたが、今回が初めてのご対面。しかもお誕生日!

そして、私たちの共通のお友達も、ベビーくんと同じお誕生日!この日は友人宅に集まってバースデーパーティーでした。2年も会っていなかったのが信じられないくらい、居心地のよい時間でした。やっぱり心を許せる友人がいるって、幸せです。

さて1歳にして、かなり大きなベビーくん。検診では、2歳児と同じ位の大きさだと太鼓判をもらったほど!手も足もむくむくしてて、本当にかわいいー。赤ちゃんって本当に周りに笑顔をもたらしてくれますよね。1歳のお誕生日を、お父さんとお母さんの出会いの場所であるサンフランシスコで迎えたベビーくん。元気にすくすく育ってね♪
[PR]
by forestlily | 2008-09-12 22:47 | Friends
Farewell Dinner
b0155270_4193399.jpg元同僚で、親しい友人がEl Camino de Santiagoへ旅立つ前の最後の晩餐を我が家にて。今回は5人を招いて、ポットラック風のディナーにしました。彼女の旅の成功を祈って、おいしい食事と楽しい会話。

私はココナッツミルクたっぷりのスパイシーなタイカレー(レッド)を、他の友人はそれぞれ、Pad Thai Noodle、Fried Rice、デザート組はアイスクリーム、アップルパイ、フルーツなどなどを持参してくれました。打ち合わせもしていなかったのに、タイカレーに始まりタイフードが揃ったので、以心伝心??と盛り上がりました。たらふく食べて、たくさん笑って写真を撮って。彼女の帰国は11月半ば。2ヵ月後に会う友人はどんなにか精神的にも今まで以上に強くなっているのだろうなあ・・・。彼女のいない2ヶ月間、私は私でどんな毎日を送るのだろうと想像すると、ちょっと楽しみです。いってらっしゃい!!

写真をたくさん撮ったのに、肝心の食べる前の写真を撮るのを忘れました。おなかが減っていたのと、みんなに久しぶりに会えたので興奮したの(笑)。
[PR]
by forestlily | 2008-08-16 23:17 | Friends